メニュー

ご挨拶

こんにちは、管理医師の中根と申します。

両親の主治医であった鷲見先生よりお声がけいただき、当院に勤務させていただくこととなりました。

私はこれまで糖尿病内科医として、糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病を中心に、内科疾患全般の診療に携わってきました。また医師になる前は鍼灸師・指圧師として、東洋医学的な臨床を行ってきました。

それらの経験を通じて痛感したことは「予防医学」の大切さです。

生活習慣病は動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳梗塞・腎臓病・失明などの原因となります。そのような血管合併症を防ぐには、生活習慣病とうまく付き合う「予防医学」が大切です。

また東洋医学には「未病(みびょう)を治す」という言葉があります。「未病」とは検査値にあらわれない体の不調、もしくは西洋医学的には治療の対象にならない軽度の検査値異常のことです。漢方薬や鍼灸、指圧などにより「未病を治す」ことで「病」への進行を予防することができます。

今後は西洋・東洋両医学の視点から予防医学を実践し、患者さんの健康のお役に立てればと考えております。

スタッフ一同、皆様のご来院をお待ちしています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

管理医師  中根慶太 

所属学会・資格

日本内科学会 内科認定医・総合内科専門医 

日本糖尿病学会 糖尿病専門医

日本東洋医学会 漢方専門医

日本医師会 認定産業医

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME