メニュー

高血圧とは?

kenkoushindan_ketsuatsu高血圧とは、慢性的に血圧が高い状態のことです。2019年4月に発表された「高血圧治療ガイドライン2019」によりますと、高血圧の基準値は診察室で測定した血圧で140/90mmHgとされています(家庭血圧の場合は135/85mmHg)。           

高血圧になると血管に負担がかかり、血管の内壁が傷ついたり、柔軟性がなくなって固くなったりして、動脈硬化を起こしやすくなります。その結果として脳卒中(脳梗塞や脳出血)、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)になる危険が増し、そのほか眼底出血や腎不全、大動脈瘤の進行にも強い影響を与えます。

血圧の目標値

clogged-blood-vessels血圧の目標値は130/80mmHgです。75歳以上の方は140/90mmHgと少し緩やかな基準が設けられていますが、糖尿病を合併している方は75歳以上でも130/80mmHg以下にすることが望ましいとされています。これは高血圧に糖尿病が合併すると動脈硬化の進行が早まり血管合併症の発症危険度が上昇するためです。

高血圧の原因

90%程度が本態性高血圧といわれるもので、これは遺伝的な要因に生活習慣の乱れが加わったものです。血圧を上げる生活習慣として代表的なものは、過食や偏食による食塩の過剰、睡眠不足、慢性的なストレスや運動不足などです。そしてその結果としておこる肥満症も高血圧の原因となります。

残りの10%程度が、明らかな原因疾患があって血圧があがる二次性高血圧です。代表的なものは以下の4つです。

①血圧をあげるホルモンが出すぎている状態

②睡眠時無呼吸症候群

③腎臓に関連する高血圧(腎臓の機能低下や腎臓の血管が狭くなることによる)

④薬の副作用

suimin_mukokyuこれらが原因で高血圧になっている場合は、通常の降圧薬を使用しても改善しません。まずは高血圧になった理由をしっかりと診断し、それぞれの病気にあわせた治療を行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME