メニュー

当院における診療の特徴

  • 他の生活習慣病と同様に、まずは食事・運動療法で様子をみます。改善のない場合は薬物療法の開始を検討させていただきます。
  • 痛風発作の発症中は鎮痛薬のみで対応します。これは尿酸値の急激な変動が痛風発作を誘発し、症状を長引かせるためです。症状が落ち着いたら緩やかに尿酸値を下げていきます。
  • 痛風や腎障害を予防するために、尿酸値6.0㎎/dLを目標とさせていただきます。pose_genki05_ojisan
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME