メニュー

糖尿病のタイプ分類・症状について

糖尿病の2つのタイプ

糖尿病には大きくわけて1型糖尿病・2型糖尿病の2つの型があります。

insulin_chuusya1型糖尿病はインスリンそのものが膵臓で作られなくなる状態です。その割合は比較的少なく糖尿病全体の5%未満です。特定の遺伝子を持っている方にウイルス感染や自己免疫(自分の体を異物とみなして攻撃してしまうこと)が重なることで発症するといわれており、治療のためにはインスリンの皮下注射が必要不可欠です。

 th2型糖尿病は一般的なイメージの糖尿病であり95%以上がこのタイプです。こちらも遺伝的な原因をもっている方に発症しやすく、過食や運動不足、ストレスなどが重なることで血糖値が上昇します。また内臓脂肪が多いとインスリンの効きが悪くなることから、肥満していることも高血糖に拍車をかけます。

2型糖尿病でも初期であればインスリンをつくる力は保たれていますので、膵臓が頑張ってインスリンを分泌して血糖を下げようとします。この時期は食事・運動療法および内服薬での治療となります。太っている場合は減量も必要です。しかし慢性的な高血糖の状態が続くと、やがてインスリンをつくる力が低下してきて、インスリン注射が必要な状態となってきます。

publicdomainq-0010689ost[1]なお糖尿病には境界型糖尿病という概念もあります。いわゆる予備軍であり、血糖値の高さは正常と糖尿病の間にあります。境界型糖尿病でも動脈硬化が進行し血管合併症を発症する危険があり、糖尿病へ進展せぬよう食事や運動などの生活習慣を整える必要があります。                     

 糖尿病の症状

koukatsu初期であり少し血糖が高い程度では何の症状もでません。しかし尿から糖が出るくらいに血糖が高いと、全身倦怠感や口が渇く・尿が多い・体重減少などの症状が出ます。多くの患者さんはこの時期に違和感を感じ医療機関を受診し、糖尿病の診断となります。しかしそれらの警告症状にもかかわらず無理をして頑張ったり、口が渇くからといって甘いジュースを大量に飲んだりすると、激しい高血糖による脱水や意識障害がおこり命の危険も出てきます。この“高血糖緊急症”は糖尿病の方はもちろん、糖尿病予備群の方が不摂生しても起こりえます 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME