メニュー

スタッフブログ

糖尿病教室の開催を延期します(2020.02.19更新)

新型コロナウイルスに罹患している患者さんが増え続けています。

2月18日の段階では国内での感染者数は66(前日比+1)、死亡者人で、ここ愛知県でも発症した方が何名かいらっしゃいます。

 

インフルエンザウイルス感染症の猛威に比べればその感染者数は微々たるものですが、感染力の強さや重症化率、そして何よりも“まだ正体が分からない”ことから厳重な警戒は必要です。

 

ただし現状では一般市民がそこまで過剰に恐れる必要はないと思います(※あくまでも2月18日の段階で…今後状況が変わってくる可能性はあります)。「物事は正しく恐れよ」という言葉もあります。私たちができることとしては、人混みを避ける、咳エチケットや手洗い励行など、インフルエンザと同様の対策を確実に行うことが王道だと思います。

 

その王道の対策に漢方内科医として一つだけ付け加えるとすれば「漢方薬治療による免疫力の強化」でしょうか。体質に合った漢方薬を内服することにより免疫力が高まり、感染症発症の予防効果や発症した場合の罹病期間短縮効果などがあります。クリニックの医師として決して休めない私もこの時期には漢方薬を愛用しており、このように漢方薬を水筒のお湯に溶かして飲んでいます。

 

 

 

本日は夜間急病診療所の当番のため23時まで勤務予定ですが、漢方薬を内服して乗り切ろうと思います。

 

なお新型コロナウイルス拡大の状況をふまえて2月22日()に開催予定だった糖尿病教室は中止とさせていただきます。

感染症に対してsensitiveな時期で国から「不要不急の集まりは避けるように」との通達があり、また通常のインフルエンザや感冒、胃腸炎などウイルス/細菌性疾患の流行もあることから、この時期の開催は妥当ではない、と判断しました。

事前参加の登録をしていただいた方には迷惑をかけ申し訳ありませんでした。また感染が収束した時期をみて開催を検討させていただきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME