メニュー

発熱がある方に対する当院の対応

発熱のある方(解熱剤を使用せず37.5度以上)は、必ず事前に電話連絡をしてから受診をしてください。直接建物に入らないようにお願いします。

 

発熱患者さんの診療は原則として建物外(自家用車内もしくは屋外)で行います。医師の診療は対面ではなく、携帯電話でのやりとりになる可能性も考えられます。あらかじめご了承ください。

 

なお当院ではインフルエンザの迅速抗原検査(鼻をぬぐう検査)は積極的には行いません。抗インフルエンザ薬は、医師が症状や流行状況から「インフルエンザ感染の可能性が高い」と判断した場合は検査せずに処方することにしています。このような対応は“臨床診断に基づく抗インフルエンザ薬の処方”として日本医師会からも推奨されています。

 

インフルエンザの抗原検査はあくまでも診断の補助にすぎず、偽陰性(陽性なのに陰性になってしまうこと)も少なくありません。また鼻をぬぐう際にくしゃみで飛沫が飛び、スタッフや患者さんが感染する危険も高まります。

 

当院には慢性疾患で免疫力の低下している方やリハビリ目的で通院するご高齢の方の割合が多く、新型コロナウイルスの感染拡大状況を考えるとやむを得ない判断であると考えています。

 

例年と対応が異なりご迷惑をかけますが、何卒ご理解いただければ幸いです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME